be doing と be going to〜で未来の予定を表す。違いは予定が確定してるか、してないか【今日の英語】

英文法

現在形と現在進行形。これだけ聞くとめっちゃ簡単そうだけど、実際の使い分けはけっこう複雑でむずかしい。

たとえば、現在形というと今のことを表すのは当然なんだけど、未来のことを表すこともある。

具体的には交通機関の時間を言ったり、なにかのタイムテーブル(映画とか)の時間を言うときには現在形を使う。

  • ▪ I have to go. My train leaves at 11:30.
  • ▪ What time does the film start tonight?

ふつうに考えると、上記の文ってどっちも未来のことを言ってるからwill とか be going toを使っても良さそうなんだよね。なのに現在形で言うという決まり。

あともう一つ覚えておきたいのが、be doing〜と be goint to〜のちがい。

まず be doing〜については「〜している」という現在進行形がまず思い浮かぶけど、意外と忘れがちなのが「未来の予定」を表す使い方。

ポイントとなるのは、be doing〜が「すでに確定している予定」であるということ。

  • ▪ I’m leaving tomorrow. I’ve booked my flight.
  • ▪ What time are you meeting Ann this evening?

一方の be going to 〜は確定していても、確定していなくても未来の予定を言うことができる。

厳密には、やろうと決意しているけど確定してない予定について使う(やらない可能性もある、ということ)。

  • A: Your shoes are dirty.
  • B: Yes, I know. I’m going to clean them.

未来のことを表すときって、だいたいwill か be going to〜を使ってしまいがちだけど、じつは be doing〜 を使った未来表現もネイティブはけっこう使うっぽい。

be doing〜が出てきたら「〜している」と反射的に訳してしまうクセを早めに取り除いたほうがいいかもしれない。

  • 【be doing 〜 と be going to 〜】
  • ▪ be doing 〜 確定している予定を表す(すでに決まっている)
  • ▪ be going to 〜 未確定の予定を表す(やらない可能性もある)
  • ▶ ただし、入れ替え可能なことも多い。使い分けないネイティブもいる模様。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

\ 2回分のレッスンが無料! /
英文法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Strut English
タイトルとURLをコピーしました