英語の音読は効果ない?4年以上も音読してるので本音を語ってみた【正しいやり方&おすすめ教材】

「英語の音読をやってるけど、本当は効果がないのではないか?」

そう感じてしまうのも無理はないと思います。

でも、僕は長いこと英語の音読を続けていますが「音読には効果がある」と断言します。

なぜ音読には効果があるのか?そして、英語力を伸ばすための音読方法について解説します。

Youtube版も合わせてどうぞ。

「英語の音読は効果がない」と言われる理由

  • ① 音読は短期間では効果を得られないから
  • ② 正しい音読方法が身についてないから

「英語の音読は効果がない」と言われる最大の理由は、音読で効果を実感するのに時間がかかるからです。

音読は短期間で効果・成果が得られる勉強法ではありません。そのため、少しだけ音読をしても英語力UPを実感できないのです。

つまり「音読は意味ない」と感じている人の多くは、効果を感じる前にやめてしまっている可能性があります。

あるいは、正しい音読方法で学習できてない可能性も考えられます。むやみに音読をしても時間対効果が低くなってしまうので、非効率な英語勉強法になってしまいます。

音読の効果を実感するのは、3ヶ月以上

【どう読めばいい?】

これはあくまでも僕の経験ですが「最近、英語力が伸びた気がする」と感じるようになったのは、音読を始めて3ヶ月以上が経過してからです。

具体的には、以下のような場面で英語の上達を実感しました。

  • ・発音が上手になった
  • ・オンライン英会話で聴き取れる量が増えた
  • ・読める洋書(GR含む)が多くなった
  • ・ニュース記事など、長文への抵抗感が薄れた
  • ・TOEICのスコアがUPした

ご覧いただくとわかるとおり、ほぼ全方位的に英語が伸びていることがわかります。

英語の音読というのは、「読む(リーディング)」「話す(話す)」を同時に行うトレーニングなので、このような広い範囲の英語力UPにつながるのです。

正直しんどいけど効果抜群!僕が英語音読を強くオススメする3つの理由

英語力UPは、筋力UPと同じ

よく言われるたとえですが、英語学習は筋トレと似ています。つまり、力がつくのには時間がかかるのです。

英単語の単純な暗記だけであれば、それこそ1時間もあれば効果を実感できるでしょう。しかし、その暗記した単語を使いこなす英語力となると話は別です。

英語力というのは、知識ではなく技術です。技術を身につけるのには、相応の時間がかかります。

英語の音読というのは、技術を身につけるためのトレーニングですから、効果を得るのに時間がかかって当然なのです。

その事実を知らずに音読学習を続けていると、ちょっと音読をやっただけで「全然意味ないからやめよう」というモチベーションになってしまいます。

そうではなく「英語を身につけるのは時間がかかるものだ」という前提に立って英語の音読を続けたほうが精神衛生的です。

「なかなか英語が上達しないけど、そもそも時間がかかって当然なんだから仕方ない」というマインドは、英語学習を続けるうえで重要な考え方だと僕は思っています。

音読学習の具体的なやり方

  • 音読学習のステップ
  • ① まずは英語音声だけ聞いてみる 【3回】
  • ② 聞き取れない単語、フレーズを確認
  • ③ 英文を黙読して、全体の意味を理解する 【1回】
  • ④ 音声をマネしながら声に出して読む 【5回】
  • ⑤ 音声なしで音読する 【5回】
  • ⑥ 音声のみでシャドーイング 【5回】

僕はこんな感じで音読学習を続けてきましたし、現在でも毎日音読をやっています。

僕のやり方は音読だけではなく、音声に合わせて読むオーバーラッピングや、音声に少し遅れて読むシャドーイングなども取り入れています。

音読だけだと、書かれている英語の正しい発音がわかりません。間違った発音で覚えてしまうと、修正が大変になります。

そのため、必ず音声が聞ける教材を使うようにします。

また、文字ではなく音声から入るようにしましょう。これは、自分が聞き取れない英語(弱点)を把握するためです。弱点を重点的にやることで、英語音読の学習成果を早く得ることができます。

ちなみに、回数は目安です。簡単に感じれば5回より少なくなることもあるし、むずかしければ10〜15回と回数を増やすようにします。

効果を高める英語音読のコツ

英語の教材

ここからは、僕がこれまでにやってきて効果を実感した英語音読のコツを紹介します。

抑えておくべきポイントは以下の5つです。

  • 効果を高める英語音読のコツ
  • ① 必ず英語音声で発音を確認する
  • ② 黙読で英文の意味を確認してから音読する
  • ③ 少し英語が簡単に感じるぐらいの教材を使う
  • ④ 完璧に発音ができ、スラスラ読めるまで何度もやる
  • ⑤ 読んだ回数を記録しておくと、やる気UPにつながる

① 必ず英語音声で発音を確認する

さきほども説明したとおり、音読学習は必ず音声を聞いて、発音を確認してからおこないます。

「なんとなく、こんな発音でしょ」という感覚で音読を続けていると、間違った発音が染み付いてしまう可能性があり、英語のリスニングで大きな支障をきたすことになります。

間違った状態で音読を続けても効果は得られませんから、音声は必須です。

② 黙読で英文の意味を確認してから音読する

「英文の内容はわからないけど、とりあえず音読してる」という人は、意外と多いのではないでしょうか。

「音読してるのに英語力が伸びない」という多くの人が、内容を理解せずに音読している可能性があります。

英語の音読というのは発音を鍛えるだけのトレーニングではありません。英語と日本語の意味を結びつけて、自然と英語を英語のまま理解できるようになるためのトレーニングです。

つまり、日本語で意味を理解しないまま英語の音読を続けても、効果は著しく低下してしまいます。

必ず黙読で英文の意味を確認して、十分に理解してから音読をするようにしましょう。

③ 少し英語が簡単に感じるぐらいの教材を使う

必ず「少し簡単かも?」と感じる英語レベルの教材を使いましょう。

音読学習は、文法や英単語を新しく学ぶのではなく、英語を英語のまま理解することが目的です。

ですから、自分が理解できる内容の英語を音読する必要があります。

何度読んでも理解できなかったり、発音できない英文&音声の教材はおすすめしません。

背伸びをして難解な教材を使っても、挫折の確率を高めるだけなので十分に注意しましょう。おすすめの教材は、記事の最後にくわしく紹介します。

④ 完璧に発音ができ、スラスラ読めるまで何度もやる

英語の音読は、正直しんどい勉強法です。なぜなら、同じ英文を何度も読む必要があるから。

「音読をやっているのに効果がない」という人は、反復が足りてない可能性大です。

英文が完全に発音できて、内容も理解して、スラスラ読めるまで何度もやりましょう。

⑤ 読んだ回数を記録しておくと、やる気UPにつながる

英語音読のモチベーションを高めるためには、トレーニングの成果を可視化するのがおすすめです。

僕の場合、音読で使うテキストに、音読した回数を「正」の字で書き込んでいました。

これをやることで「こんだけ頑張ったんだ」というやりがいも生まれますし、何回読んだか忘れてしまうこともなくなります。

また「どれくらいの回数音読したら英語力は伸びるのか?」という自己分析にも役立ちます。

重要なのは、どの音読教材を使うか

本当に英語の長文が読めるようになりたい人へ。おすすめ教材

ここまでの説明を読んでもらえば、ある程度はどんな教材を使うべきかイメージが湧くかもしれません。

僕はこれまで、自分に合う音読教材を求めてアレコレたくさん試しました。

失敗することも多かったですが、ようやく「これを満たせば効果があるんだな」という条件を見つけるに至りました。

これらの条件を満たしていれば、音読の効果を高めることができますので、参考にしてみてください。

あらためて、使うべき音読教材の条件をリストアップしておきます。

  • 選ぶべき音読教材の条件
  • ・英語音声が付いている
  • ・日本語の対訳が載っている
  • ・少し簡単に感じるレベルの英語
  • ・英文の内容に興味が持てる(ニュースなどが理想)
  • ・1つの長文が長すぎないこと

僕が実際に使って効果を実感した教材3選

CNN English Express で英語学習を始めてみたら、勉強が劇的に楽しくなった【使い方&おすすめポイント】

最後に、僕がこれまで実際に音読教材として使ってきて、効果を実感したものを紹介したいと思います。

レベル別にピックアップしましたので、ご自身の英語レベルに合わせて使ってみてください。

初級者におすすめ:英会話ぜったい音読

僕が英語の音読に目覚めた本です。

ページの前半で「なぜ音読は効果があるのか?」「どれくらいやるべきか?」というのを、かなり具体的に説明してくれています。

前半にここまで熱量のある解説を持ってくる本も珍しいですが、そのおかげで読者を完全に音読モードへ引き込んでくれます。

ちなみに、この本はシリーズになっており、入門編〜挑戦編まで6冊あるのでステップアップにもぴったりです。僕は6冊すべて、最後までやり終えました。

中級者におすすめ:速読英単語

英語の長文を読みながら、英単語を覚えるというコンセプトの教材。

大学受験用に作られた本ですが、扱っている英文のテーマがおもしろく、飽きずに音読が続けられます。

以下は、速読英単語に掲載されているテーマの一例です。

  • ・サッカーの起源
  • ・ハエの超能力
  • ・ディズニーの大きな決断
  • ・群集心理
  • ・企業のニーズ調査能力
  • ・ビタミンAの重要性とサツマイモ

僕はこの本を2周しました。音読しつつ、教養も身につけられるので二度美味しい本です。

【マジでおすすめ】「速読英単語」で英語の学習効果を爆上げする!僕の使い方

上級者におすすめ:CNN ENGLISH EXPRESS

ある程度、音読学習を続けてきて「英文記事を読めるようになりたい」「ニュースを聴き取りたい」と思うようになったタイミングで使い始めました。TOEICスコア700点ぐらいのときに着手した感じです。

この本は、CNNニュースが対訳で掲載されていて、ニュース記事&音声を使って英語を学ぶことができます。

使われている英語は難易度も高く、音声もすべてネイティブの発音なので音読も大変です。

しかし、勉強するたびに英語が上達している実感があるので、非常に気に入ってます。

月刊雑誌なので、毎月気分をあらたに英語学習をスタートできるところも魅力です。

CNN English Express で英語学習を始めてみたら、勉強が劇的に楽しくなった【使い方&おすすめポイント】

アプリで音読するのもおすすめ

スマホで通信

人によっては「本だとやる気が続かない、面倒」という可能性もあります。

そういう人は、アプリを使って音読するのも1つの方法です。

僕は現在、さきほど紹介した CNN ENGLISH EXPRESS をメインとして使い、スキマ時間にはスタディサプリENGLISHを使って音読学習をしています。

スタディサプリENGLISHは英語学習アプリとしては完成度がかなり高く、音読やシャドーイングにも活用できます。

さらにディクテーションや英作文が最初からカリキュラムに組み込まれているので、素直にアプリで勉強していれば自然と英語力がUPします。

スタディサプリENGLISHは7日間無料で、コース別に選べるのでぜひ試してみてください。ちなみに、僕は新日常英会話コースを使っています。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

\ 2回分のレッスンが無料! /
英語勉強法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Strut English
タイトルとURLをコピーしました