車の中でもOK!時間を効率的に使える英語学習法+オンライン英会話

車の中でもOK!時間を効率的に使える英語学習法+オンライン英会話

仕事や勉強に忙しい社会人にとって、英語の勉強時間を確保するのはなかなかむずかしいですよね。

時間を効率的に使うためにも、車での運転中も有効活用したいところです。

というわけで今回は、車の運転中にできる英語学習法とオンライン英会話の活用方法について紹介したいと思います。

【大前提】車での英語学習は”耳オンリーで”

最初にお伝えしておきたいのが、車の運転中に英語学習をする場合は「耳だけを使った勉強」であることを理解しておきましょう。

当たり前の話ですが、車の運転中にテキストを見たり、文字を書いたりするのは不可能です。というより、非常に危険な行為なので絶対にやめましょう。

車の運転中はあくまでも「リスニングとスピーキングのために使う」ということを意識して、リスニング強化や英会話に特化した勉強をしていきます。

くどいようですが、リスニングやスピーキング学習とはいえ車の運転には十分に意識を向けましょう。英語学習中に事故を起こしてしまっては本末転倒です。

前置きはこのあたりにして、まずは車の中で活用したい英語教材から紹介していきます。

運転中に最適!瞬間英作文で英会話力を鍛える

車の運転中にピッタリな英語学習法のひとつが「瞬間英作文」です。知っている人も多いと思いますが、瞬間英作文とは日本語の文を瞬時に英語にするトレーニングです。

瞬間英作文という本は左ページに日本語の短い文が書かれており、右側に英訳が書かれています。本を使う場合は、日本語を見て即座に英文に作り変えるというトレーニングを行います。

瞬間英作文

瞬間英作文2

本だけでも勉強できますが、瞬間英作文には音声CDが付いているので、テキストを見なくてもトレーニングは可能です。

車の運転中に瞬間英作文をする場合、聞こえてきた日本語の音声を英文にして声に出すというトレーニングになります。これなら車を運転していてもできるので、英語の勉強時間を確保できます。

瞬間英作文を行うことで、自分が言いたいことが英語でスラスラ言えるようになります。

英会話をやった経験がある人ならわかると思いますが、言いたいことは頭の中に浮かんでいるのに、それが瞬時に英語で言えないことってありますよね。英語を瞬時に作って口から発するというトレーニングを続ければ、英語は必ず喋れるようになります。

僕の場合は車だけでなく、入浴時にも音声CDを流しています。実際、僕も瞬間英作文の本を3周ほどしましたが、以前に比べて英語を話す力が圧倒的に伸びました。

オンライン英会話もやっているのですが、言いたいことが淀みなく言えるようになったのを体感しています。これも瞬間英作文のおかげです。

ちなみに、瞬間英作文の教材は『NOBU式トレーニング』という本もおすすめです。

【瞬間英作文におすすめ】解説がわかりやすい!飽きずに英語を続けられる本『NOBU式トレーニング』
瞬間英作文におすすめの本『NOBU式トレーニング』。実際に使った感想をレビューします。レイアウトも見やすく、解説も豊富なので、この本なら挫折なく英語学習ができると思います。

運転中でも音読とシャドーイングができる

車の運転

英語学習は口を動かすことが非常に大切と言われてます。よく筋トレに例えられたりもしますが、日頃から口を動かして使うことで、いわば”英語の筋力”を鍛えることができるわけです。

そういった意味で、英語の音読とシャドーイングは非常にうってつけです。

英語の音読は文字通り声に出して発音すること。シャドーイングは、音声に少し遅れて付いていくことです。音読とシャドーイングは英語学習において非常に高い効果があります。

もうおわかりかと思いますが、車の運転中は英語を声に出して読むのにピッタリの時間です。英語の音読は、厳密にはテキストを読み上げることなので、実際に車内でできるのはシャドーイングとなります。

まず用意するものは、英語の音声CDです。いきなり音声だけだと理解が厳しい人は、スクリプトもセットになっている教材を選ぶと良いでしょう。

自宅などでテキストを音読しておけば、内容がある程度頭に入っているはずなので、車内で音声だけを使った場合でも十分に理解はできるはずです。

ちなみに、僕が音読とシャドーイングにおすすめするのは『CNN English Express』と『速聴速読英単語 Core1900』の2冊です。

これらの本は英語の長文をナレーションで読み上げるCDが付いています。

僕がこの2冊を愛用しているのは、内容が素晴らしいからです。

英語のテキストというと、どうしても内容のない無味乾燥な作り話になりがちです。それでは英語学習のモチベーションを保つのはむずかしいですよね。

その点、この2冊はニュース記事などを題材にしているので、ビジネス、政治経済、教育や環境、国際紛争などあらゆるジャンルの文章を読むことができます。

英語の勉強をしつつ、教養も身につけることができるわけですから、非常に効率的です。

車内で英語のニュースを聴く感覚で楽しみつつ、それをシャドーイングすることで英語力も伸ばしてしまおうというわけです。

CNN ENGLISH EXPRESS で英語学習を始めてみたら、勉強が劇的に楽しくなった【使い方&おすすめポイント】
最近は「CNN English Express」で英語を勉強してます。音読とシャドーイング中心です。CNN English Express の使い方・英語レベル・メリットを解説。さらに「English Journal」との違いも比較しながらレビューしていきます。
『速読速聴・英単語 Core 1900』を使った効果的な英語勉強法【音読&シャドーイング】
『速読速聴・英単語 Core 1900』はおすすめの英語教材です。「速読速聴・英単語」をレビューしつつ、本書を使った効果的な英語勉強法について解説します。使い方を知ると、より効果が得られます。

「英会話ノック」で車内を英会話教室に変える

もっと英会話に直結するような学習をしたい人におすすめなのが「英会話千本ノック」という本です。

この本は、タイトルのとおりノックのように英語の質問が飛んでくるので、それに対して答えるという内容です。

テキストを読んで内容を理解しながら勉強するのにも適していますが、音声CDだけでも学習できることから車の運転中にも非常にぴったりです。

左側の短い質問に対して、すぐに回答していきます。

短い質問がポンポンと飛んでくるので、それに対してすぐにレスポンスを返します。わりとテンポよく進んでいくので、実際の英会話に近い感覚で学習できます。

最初は5級からスタートして、少しずつ難易度が上がっていくのもGOODポイントです。やりがいを感じられます。

僕は車の中で使うこともありますが、シャワーを浴びているときにCDを流すことが多いです。この教材のおかげで、日常にいろいろな場所が英会話教室に変わるので、非常に気に入っています。

他にも英会話関連のおすすめ本はたくさんあります。くわしくは以下の記事を参照してみてください。

英語が話せるようになる!初心者におすすめしたい英会話の本7冊
英語が話せるようになるための、おすすめの英会話入門書を紹介します。英語を話せるようになるためには、良い教材を使うことが不可欠です。

【スマホを接続】車の中で英語の音声を聴く方法

車の中で英語の音声を再生する方法はいくつかあります。音源によってもやり方が異なるので、ひとつずつくわしく解説したいと思います。

この記事でおもに紹介してきたのが、教材に付いてる音声CDを使って車内で英語学習をするというものです。

車にCDプレーヤーが付いていれば何も問題はないのですが、もしCDプレーヤーがついてない場合にはBluetooth接続 or 有線接続で車のオーディオとスマホをつなげることで音声を再生できます。

あまりないとは思いますが、そもそも車にオーディオ再生機器が備わってない場合、スマホのスピーカーから直接再生するというのも一つの手です。

ただ、車の運転中は騒音が気になると思います。スマホのスピーカーだと少々音が小さいと思いますので、その場合には車内にポータブルスピーカーを持ち込むという方法もあります。

個人的にはスマホをBluetoothで車のオーディオにつないで、聴きたい音声をリピート再生で何度も聴くというスタイルが気に入っています。音声CDを車のオーディオで直接再生するやり方は何かと不便なので、スマホに音源を入れてしまったほうがいろいろと役立ちます。

ちなみに、最近は市販の本にCDがついておらず、MP3をインターネットからダウンロードするやり方も増えています。その場合には、音源をダウンロードしてスマホに入れる作業が発生します。

最初は面倒に感じると思いますが、一度スマホに音源を入れてしまえば、あらゆる場所で英語の音声が再生できるようになるので非常に便利です。

車の中でオンライン英会話レッスンを受ける

車内で英会話

「オンライン英会話をやりたいけど、時間が取れない!」という人もいると思います。

車で営業まわりをしている人は、車を安全なところに停めて、車内でレッスンを受けるという方法もあります。

一般的なオンライン英会話はだいたい1レッスンが25分です。

オンライン英会話はテレビ電話で顔を映しながらレッスンをするのが一般的ですが、じつは音声だけでもレッスンを受けることができます。

やり方は簡単で、映像をOFFにするだけです。スマホであればカメラを切ってしまえば顔は映らず、音声だけでやり取りすることができます。

ただ、オンライン英会話の講師は基本的に顔を映してレッスンをすることに慣れています。なので、最初からカメラをOFFにしていると、Could you turn on the camera?(カメラをONにできますか?)と聞かれる可能性もあるでしょう。

もし音声のみでオンライン英会話を受けたいのであれば、Do you mind if I hide my face during the lesson? (レッスン中、顔を隠しても大丈夫ですか?)と聞きましょう。断る講師はまずいません。

とはいえ、繰り返しにはなりますが車内でオンライン英会話を受けようとするのはいろんな意味でハードルが高いです(安全面、電波の問題、音声のみというハンデなど)。

基本的には自宅でレッスンを受けることをおすすめしますが、どうしても時間が取れない人のための”奥の手”としてご紹介しました。

ちなみに、オンライン英会話はいろんな会社が運営していますが、僕がおすすめするのはDMM英会話です。

こんな活用方法もOK!DMM英会話で劇的に英語力をアップさせる使い方【9選】
DMM英会話は、使い方や教材を上手に選べば、さまざまな英会話レッスンを受けることができます。今回はDMM英会話の活用方法を、僕の経験も踏まえながら紹介していきます。
▶ 無料でDMM英会話を試してみる

車内時間を英語学習時間に変える方法【まとめ】

  • ・音声のみで瞬間英作文をやる
  • ・音声を再生して、シャドーイングをする
  • ・英会話教材で質問に答える練習をする
  • ・音声のみでオンライン英会話レッスンを受ける

どんな目的で英語を学ぶのか?によって、選ぶべき学習方法は異なります。

英会話を習得したい人は【瞬間英作文+英会話教材(千本ノック)】の組み合わせがおすすめです。

英語を読めるようになりたい、聴き取れるようになりたいという人は、文単やCore1900を使ったシャドーイングが効果的。きっと興味を持って続けられると思います。

オンライン英会話についてはハードルが高いですし、安全面に十分な配慮が必要ですが、運転時間を有効活用したい人にはおすすめの方法です。

▶ 無料でDMM英会話を試してみる

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

\ 2回分のレッスンが無料! /
DMM英会話オンライン英会話
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Strut English
タイトルとURLをコピーしました