【効果バツグン】本当に英語力が伸びる「教材・参考書」の正しい選び方

【効果バツグン】本当に英語力が伸びる「教材・参考書」の正しい選び方

本屋の語学書コーナーに行くと、ビックリするくらい多くの英語教材が並んでいます。

僕はこれまで色んな英語の参考書を買ってきましたが、「本当に英語力が伸びた」と実感できた教材には共通点があることに気づきました。

ということで今回は、英語力を確実にUPさせるための「正しい教材の選び方」について解説していきます。

まずは「なぜ英語を学ぶか?」自問自答しよう

英語の教材

英語教材を選ぶうえで、最重要ポイントとして挙げたいのが「英語を学ぶ目的」です。

英語を学ぶということは、何らかの目的があってのことだと思います。

仕事で英語が必要になったから。留学したいから。趣味で英語を喋りたいから。

などなど、理由は人それぞれです。

英語教材を決めるにあたっては、その「目的」が決定的に重要となります。

なぜなら、英語教材は目的に合わせて選んだほうが効果が高いからです。

たとえば、留学で英語が必要な人がビジネス英語を勉強するのは遠回りです。ムダが多すぎます。

留学するなら、学校の授業とか学生生活でよく使われる英語を学んだほうが効率的ですよね。

そんな具合に、自分の目的と教材を合わせて選ぶことで、より英語学習の効果を高めることができます。

ですから、まずは「自分は何のために英語を勉強するんだろう?」と自問自答してみてください。

英語を学ぶ目的を決めることが、英語教材選びの最初の1歩になります。

【飽きる人は必見】英語の勉強を、飽きずに長く継続する5つのコツ&おすすめ教材

興味のあるテーマから教材選ぶ

英語の勉強

「目的に合わせて教材を選ぶ」という話とつながってきますが、なるべく自分が興味のあるテーマをの教材を選ぶのも英語学習を長続きさせるコツです。

もっとわかりやすくいえば、「自分が生活のなかで使いそうな英語」を学んだほうが、絶対に学習が楽しくなるし、身につくスピードも早くなります。

僕の場合でいうと、「英語のニュースを聴き取りたい」「海外のスポーツ実況を聴き取りたい」「洋書を読みたい」という目的があったので、それに合わせて以下のような教材で勉強をしています。

「英語の勉強は参考書でやるもの」というイメージが強い人も多いと思いますが、僕は必ずしも参考書に縛られる必要はないと思っています。

もちろん、基礎的な英文法や単語は参考書で体系的にやったほうが効率的ですが、そこから先は自分が好きになれる教材を選んでOKです。

興味が持てる教材だと、英語の勉強が趣味の時間になるので、精神的な負担も軽くなります。

アウトプットできる教材を選ぶ

英字タイピング

覚えることがメインの英単語帳を除いて、英語の教材はアウトプットできる作りのものを選ぶべきです。

たとえば「英会話フレーズ集」という名前の付いた語学書はたくさんありますが、その多くがフレーズを羅列しただけの内容になっています。

これだと、目で見ることだけ(インプット)がメインになってしまうので、記憶に残りづらく、英語習得にも時間がかかります。

僕がおすすめしたいのは、瞬間英作文です。左ページに和文、右ページに英文というレイアウトになっていて、日本語を瞬時に英語に変換するトレーニングをおこないます。

英会話フレーズ丸暗記の勉強とちがって、自分で頭で考えて英文を作らなければいけないので、負荷は高めです。

しかし、英語を話すためには自分で英文を作る能力が不可欠なので、瞬間英作文はめちゃくちゃ効果があります。

瞬間英作文はあくまでも一例ですが、教材を選ぶときは「自分の頭で考えて、それをアウトプットできるように作られたもの」を選ぶようにしましょう。

個人的にはスタディサプリENGLISHも非常に気に入っています。英作文もできますし、音声を聞いて書き取る練習(ディクテーション)もあるので、英語を身につく速度が非常に速まります。

【これで実現】スタディサプリENGLISHで英語が話せるようになるための3ステップ
スタディサプリENGLISHを使いはじめて、あきらかに英語を聞く力・話す力が身についたと実感しています。スタディサプリENGLISHで英語の4技能がバランス良く伸びている感じです。

英文法は解説書と問題集を使い分ける

英語の勉強

英文法の教材については、解説書と問題集を使い分けましょう。教科書的な読む教材を1つ、問題集を1つ用意すべきということです。

英文法の勉強をするにあたって、分厚い解説書(文法書)を1ページ目から丁寧に読もうとする人がいますが、これはおすすめできません。挫折必至です。

英文法を勉強するにあたって、まずいちばん最初に手を出すべきは問題集からです。

まずは問題集をやってみて、疑問に感じたところは問題集の解説を読むか、それでも解決しなければ文法書をチェックします。

つまり、【問題集をやる→疑問が発生→文法書を読む】というサイクルを回しましょう。

英文法の勉強は先に片づけてしまおう

英語学習をするにあたって「英文法はやらなきゃいけないの?」という疑問を多く耳にします。

結論からいうと、基礎的な英文法の勉強は早い段階で先に終わらせてしまったほうが良いです。

なぜかというと、英文法の知識がないまま勉強を続けると、わからない文が出てきたときに立ち止まる回数・時間が増えてしまい、非効率だからです。

そのため、英文法の知識に関しては、つまらなくて面倒に感じたとしても、先に片づけてしまったほうがいいです。

英文法の知識が身につくと、英語学習の負荷が減り、勉強がラクになります。

「それでも英文法の勉強はしたくない」という人は、スタディサプリENGLISHがおすすめです。

スタディサプリENGLISHは基礎英文法を動画でわかりやすく解説してくれるので、参考書などを読む必要がなく、楽しみながら英文法を学ぶことができます。

英文法だけでなく、英会話フレーズやTOEIC対策もできるので、英語学習を続けるうえで強い味方になってくれるはずです。

口コミだけを鵜呑みにしない

英会話

英語教材のレビューを書いている僕が言うのもアレですが、ネットの口コミだけを見て判断するのはおすすめしません。

実際のところ、僕はこれまでにAmazonで高評価の英語参考書を買って、失敗した経験が何度もあります。

これは決して口コミに問題があるとか、教材が良くないというわけではありません。自分の目的や学習スタイルに合ってないだけです。

結局のところ、英語教材が合うかどうかは個人差があるということを意味します。

細かい話ですが、どんなにレビューで評価の高い教材でも、自分にとっては「このレイアウトだと使いにくい」とか「文字が小さくて読みづらい」とか、そういった不満は必ず出てきます。

一つ例をあげると、英語系Youtuberとして有名なATSUさんの『Distinction』という単語帳があります。こちらはAmazonでの評価件数が700件を超えており、平均評価も4.3と非常に高いです(記事執筆時点)。

しかし、口コミを読んでみると「文字が小さい」というレビューが散見されます。そして、僕も実際に本屋で『Distinction』を読んでみたのですが、たしかに文字が小さくて読みやすいとは言えませんでした(内容自体は洗練されていて、すごく良かったです)。

このように、どんなに口コミ評価が高い教材でも、人によっては使いにくいと感じる場合があるということです。

口コミだけを鵜呑みにしてしまうと「思ってた教材とちがった…」という残念な事態になってしまいます。

解決策としては、参考書であれば本屋に行って自分の目で立ち読みしてみるのがベスト。僕は、Amazonである程度の目星を付けておいて、本屋に行って実物を確かめるようにしています。

実際の本を読んでみると「思ってた教材と違った…Amazonで勢いで買わなくてよかった…」ということがたびたび起こります。

本屋に行けないという人は、AmazonのKindleで試し読みしてみるのもおすすめです。

英語アプリに関しては、多くのアプリが無料のお試し期間を設けているので、無料期間中に使い込んでみるのが良いと思います。

コスパを求めるなら、総合型の教材を選ぶ

【大人の英語勉強法

特に英語の参考書によくある話ですが、いろいろと種類がありすぎて目移りしてしまうんですよね。

僕も本屋に行くたびに「新しい教材が出てる!買ってみようかな…」という誘惑に駆られます。

英語教材をいろいろ揃えると、出費がバカになりません。それこそ、リスニング用・リーディング用などと目的別に買おうものなら、費用はかなり高額になってきます。

なるべく低価格で高コスパな教材を選びたいのであれば、総合的な英語を学べる教材を選びましょう。

僕もこれまでいろんな教材を使ってきましたが、1つの教材でバランスよく学べるという点において、以下の2つをおすすめします。

  • ・ALL IN ONE
  • ・スタディサプリENGLISH

特におすすめなのが、スタディサプリENGLISHです。

以前、【正直にレビュー】本当に課金して良かった、おすすめの英語アプリ5選という記事を書きましたが、その中で1位のアプリとして紹介したのもスタディサプリENGLISHです。

スタディサプリENGLISHはカリキュラムがしっかり組まれているので、アプリの流れに沿って勉強をするだけで英語力がUPします。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングという4技能をバランス良く学べるように作られているので、特別な理由がない限りは、スタディサプリENGLISHが1つあれば事足りてしまいます。

この記事の最初のほうで「英語を学ぶ目的に合わせて教材を選ぼう」という話をしましたが、スタディサプリENGLISHは目的に合わせて3つのコースから選ぶことができます。この点も非常にポイントが高いところです。

また、スタディサプリENGLISHは無料で7日間お試しができます。無料期間中に使い込んでみて、自分に合う教材かどうか見極めることもできるので失敗がありません。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

\ 2回分のレッスンが無料! /
おすすめ英語教材・アプリ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Strut English
タイトルとURLをコピーしました