soft power と hard power の違いを解説。例文で意味を確認してみよう

soft power と hard power の違いを解説。例文で意味を確認してみよう

英語の新聞記事やニュースなどで、soft power(ソフトパワー) と hard power(ハードパワー)という言葉が使われることがあります。

それぞれの意味と違いについて解説しつつ、実際の例文でどのように使われているのかチェックしていきましょう。

hard power の意味

まずは hard power から。日本語でも「ハードパワー」という言葉がそのまま使われることもあります。

hard power をひとことでいえば「軍事力や経済力を使って、他国に強制的に影響を与えること」をいいます。

経済援助(financial aid)をすることも hard power ですが、基本的には軍事介入 (military intervention)や経済制裁(economic sanctions)など、あまり良くない意味で使われることが多いかな?と個人的には思っています。

ちなみにケンブリッジディクショナリーでは、おもに軍事力行使を hard power と定義しています。

the use of a country’s military power to persuade other countries to do something, rather than the use of cultural or economic influence:

文化や経済によって影響を与えるのではなく、他国を説き伏せるために軍事力を使うこと。

soft power の意味

次は soft power (ソフトパワー)です。

ひとことでいえば「軍事力や経済力以外の方法で、相手の国に影響を与えること」をいいます。

soft power は hard power の対義語(Antonyms)として考えるとわかりやすいですね。

政治や外交なども soft power に含まれますが、特に日本においては文化的な価値観によって相手の国に影響を与えることを得意としています。

具体的には、マンガ・アニメ・ゲーム・寿司などが好例です。

hard power は、相手の国を”従える”もの。

soft power は、相手の国を”魅了する”もの。

このように違いを意識するとわかりやすいかもしれません。

soft power は CNNニュースの中でも使われることがあります。

It’s been called “vaccine diplomacy”. Analysts say that it’s a soft-power play by China to reshape the pandemic narrative and repair its image, damaged by initial mishandling of the outbreak.

それは「ワクチン外交」と呼ばれている。アナリストいわく、コロナが発生した初期の不手際による悪いイメージを払拭し、パンデミックについて語られる話を塗り替えるための中国のソフトパワー戦略である。

中国がコロナ用のワクチンをアジアやアフリカ諸国に提供しているのが「ワクチン外交ではないか?」と報じられているニュースです。

このように、持っている資源や外交手段を活かして、自国が有利になるように仕向けるのが soft power の本質というわけです。

hard power と soft power のちがい【まとめ】

  • hard power … 軍事力などで強制的に相手国を従わせること
  • soft power … 政治、外交、文化などで相手国を魅了すること

ちなみに、hard power と soft power という言葉はアメリカの国際政治学者であるジョセフ・ナイが生み出した言葉です。

hard power は強制力を伴うものですが、soft power は共感を呼ぶものです。

それぞれの国がもっと政治や文化に磨きをかけ、ソフトパワーを駆使するようになると良いですよね(言うのは簡単ですが)。

挫折なし。僕が英語学習を続けられる理由

英語の教材も読み放題
僕は参考書でも英語の勉強はしますが、今はすっかりスタディサプリENGLISHで英語学習を続けています。

このアプリの最大の魅力は「やってて楽しいこと」。

英語学習は「続けることすべて」といっても過言ではありません。そのためには「楽しめる教材かどうか」が非常に重要です。

僕は毎日最低30分はスタディサプリENGLISHをやるようにしていますが、やってて楽しいので毎日続けられて挫折知らずです。

日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEIC対策もできちゃいます。

無料で7日間体験ができるので、英語学習に興味がある人はぜひ試してみてほしいです(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

全部で3つのコースがあるので、自分の目的にピッタリのコースをお選びください。

「英会話をやるのが怖い…」という人へ

ネットで交流

「英会話をやってみたいけど、怖くて始められない」という人は多いと思います。

僕も以前までは「英語の知識もないのに、英会話なんてとんでもない…」というタイプの人間でした。

しかし、思い切ってオンライン英会話にトライしてみたところ「思ったより話せるし、むしろスゴい楽しいじゃん…!」というのが第一印象でした。

そこから、僕はかれこれ4年以上もオンライン英会話でレッスンを楽しんでいます。

僕がメインで使っているのはDMM英会話で、レッスンの質も高いですし、教材も豊富です。

講師は初心者の人にも優しいので、安心してレッスンを受けられます(本当に良い講師ばかりで驚く)。

「英会話に興味がある」という人はDMM英会話から始めてみるのが良いと思います。

まずは2回分のレッスンが無料で受けられるので、お試しで体験してみるのがおすすめです。

\ 2回分のレッスンが無料! /
英単語・熟語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Strut English
タイトルとURLをコピーしました